ベテラン歯科衛生士に聞く、転職する時に気をつけるべき点

ずっと一つの歯科医院で活躍する歯科衛生士もいますが、ほとんどの人は何度かの転職を経てスキルを身につけていくと思います。


転職することに決めたけど、気持ちよく働くためにはどこに気をつけて選んだらいいの?
トピックごとに気をつけた方がいい点を集めてみました。

待遇面で気をつけるべき点

お給料はきちんと確認

誰もが良いお給料で働きたいと思うものです。
気をつけるべき点は、求人情報で金額が提示されているとしても、きちんと確認したほうが良い点。


手当などでも割と変動するものですし、そもそも何円〜何円という表示も多く、ベテランの人が「まさか新卒と同じ金額にはされないだろう」と思って入って来て、新卒と同じ金額にされてしまったなどというケースも……。
確認しにくい部分でもありますが、しっかり確認しましょう。

残業に関してもきちんと確認

なるべく残業せずにきっちり働きたい人は多いですが、患者さんの状況によって、閉院時間はどうしても変動してしまいます。
正社員で働きたい場合はちゃんと残業がつくのか確認しましょう。
パートの場合は最初にはっきり「この時間以降は働けません」という意思表示を。

人間関係で気をつけるべき点

スタッフの雰囲気はどうか?

歯科衛生士のお悩み第一位である人間関係。
もし可能なら、医院を事前に訪れて雰囲気を観察してみましょう。 
また、面接時などにどういう人が働いているのか尋ねてみましょう。


その時、「自分と同じような状況の人がその職場にいるかどうか?」は大切なポイントになります。
育児をしながら働く場合は同じような状況の人が多くいる職場の方が働きやすいですし、医院長に子供がいる場合なども、状況を理解してもらいやすくなります。


また、新卒さんはベテランばかりのところに新卒一人で行くより、一年前ぐらいに採用になった先輩衛生士がいたほうが働きやすいのは想像できると思います。
似たような状況の人がいるかどうかは大切なチェックポイント!

医院長の人柄や目指すべき医院像はどうか?

医院長の人柄も大切なポイントになります。
一般の歯科医院では、歯科医師は医院長として歯科医院を経営しなくてはならず、そのためか、横並びで切磋琢磨する相手はあまりいないケースが多くなります。
その結果、医院長のカラーが全体に反映されやすく、人によっては合う合わないがはっきり分かれてしまいます。
歯科医院のブログを覗いたり、面接時によく話を聞いておきましょう。

スキル面で気をつけるべき点

どのようなスキルを求められているか?

求められるスキルは歯科医院によって違います。
アシストを多く求められる歯科医院もあれば、一人一人の患者さんの担当制の歯科衛生士として清掃、ケアすることを求められる場合もあります。派遣ではこの業務範囲は事前にきめておくことができますが、一般の歯科医院の場合でもきちんとチェックしておきましょう。


また、新しい技術を取り入れたいかどうかについても考え方が分かれます。
新しい技術やスキルアップを求められない場合、頑張ってセミナーなどに参加しても空回りしてしまう結果になりかねません。

u2派遣なら、それぞれのポイントについて細かくご相談にお乗りします!

(C) 2022 u2株式会社. All rights reserved. Theme by LIQUID PRESS.