歯科衛生士が派遣会社を活用するメリットとは?

衛生士 派遣

最近見かけるようになってきた歯科衛生士の派遣会社の広告。登録するかしないか、迷ったことはありませんか?
今回は派遣会社のメリットについて、じっくりお話しちゃいます。
ぜひ仕事選びに役立てて下さい!

派遣のいいところ3つ!

人間関係の閉塞感を解消

歯科衛生士のお悩み第一位は、やはり職場の人間関係。
一般の歯科医院は、3~4人ほどの少ない人数で運営されていることが多いため、上手くいっている時はいいのですが、ぎくしゃくし始めると逃げ場がないという辛さがあります。
また、第三者の目がないことも、パワハラに近いことがまかり通ってしまう原因になっています。
派遣会社での雇用の場合、契約は更新制となるため、どうしてもその場に居続けるのが辛い場合、更新しないという選択肢を選ぶことができます。
また、派遣会社は歯科衛生士にとって、第三者の目となってくれるので、一対一で歯科医院で働いているより風通しは良くなります。
ここも、安心感が持てるポイントになると思います。

働く場所の選択自由度が高められる

更新するかしないかを決めることができる点、また、登録しておけば転職などに常にアンテナを立てておける点など、派遣では、常に選択の自由度を高めておくことができます。
また、歯科衛生士という仕事にある程度慣れた後は、スキルという意味でも、一か所で学ぶより数か所で学ぶ方が視野を広げられていいケースがあります。
その場合も派遣は強みになるはずです。
あくまで自分が選ぶ側だと考え、求人情報に目を通してみてはどうでしょうか。

給料や待遇の向上

派遣のお給料は一般の雇用と比べて高めとなります。
これは、「歯科衛生士が想像しているよりも歯科衛生士は人手不足+派遣会社が中に入ってる」ことで実現しています。
歯科衛生士の平均時給は1,246円、u2株式会社では1,900円前後(+654円)と高給与が期待できます。

デメリットはあるの?

派遣社員」は損?

歯科医院によっては、派遣を快く思わない先生もいるようです。
しかし、これが「紹介予定派遣」という、正規雇用を前提にした働き方の場合、歯科医院からの印象が悪くなることはあまりないと考えられます。
また、数か所で得たスキルや知識が強みになる場合もあります。
派遣に登録する歯科衛生士が増え、主体的に職場を選ぶようになれば、フレキシブルな考えの歯科医院も増えていくでしょう。

新しい時代の「派遣の歯科衛生士」という働き方。
一度視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか!

(C) 2021 u2株式会社. All rights reserved. Theme by LIQUID PRESS.