歯科衛生士の歩合やインセンティブはきつくない?転職のタイミングかも

自由診療専門の歯科クリニックなどでは、歩合制やインセンティブ制度が導入されていることが多いものです。

しかし、それらに振り回されてしまっては、歯科衛生士本来の仕事が見失われてしまう危険性もあります。

歯科衛生士の「歩合制」や「インセンティブ」は給料が高い

自由診療は保険診療と比べると、歯科衛生士の給与が高くなる傾向があります。

それは、自由に価格を設定することが可能であること、担当制などでインセンティブを支給する仕組みを整えていることが理由として挙げられます。なかには完全歩合制、一部歩合制を取っているところもあり、そのように働く歯科衛生士もいます。

フリーランスでスキルが高い歯科衛生士の場合には、常に予約がパンパンで「予約の取れない歯科衛生士」となり、高い月給を手にすることが出来ます。


「歩合制」や「インセンティブ」は辛い側面も

患者さんからの指名が多いほど当然収入は多くなります。

しかし、患者さんの予約を取り続けることは簡単なことではありません。予約を取ることにばかり神経を尖らせていると、歯科衛生士本来の仕事を見失いかねません。自費の補綴物やホワイトニングのコースなどもそうですが、あまりにも施術や勧め方が強引であったり、次の予約を取ることに必死になってしまうと、患者さんに不利益を被ってしまいます。

「とにかく予約を取ること」が方針であった場合、予約を取ることに必死になり疲れてしまいませんか?

あなたは何のために歯科衛生士になりましたか?

歯科衛生士本来の仕事とは、患者さんの口腔内の環境を整え、維持することです。

今の職場に疲れを感じて「何のために衛生士になったのか」と考えたとき…あるいは、本当に今の職場で満足のいく仕事ができていなければ、違う歯科クリニックへの転職を考えるのも選択肢のひとつです。

もし、転職を考えたときには、「u2株式会社」にご相談ください。u2株式会社は横浜にある歯科衛生士向けの派遣事業を行っている会社です。u2株式会社では「紹介予定派遣」という新しいサービスを活用し、歯科衛生士の方の希望に沿った歯科クリニックの紹介を行っています。あなたにぴったりの歯科クリニックを「お試し入社」という形で見つけ出していきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

(C) 2021 u2株式会社. All rights reserved. Theme by LIQUID PRESS.